セフレと長続きするために気をつけること【神田 フェイス えっち ながさきせふれ 意味】

セフレを作る機会は多くあると言っても、相性が会う相手を見つけるのはそう簡単ではありません。
せっかく見つけた相手であればなるべく長続きさせておきたいものです。
セフレと付かづ離れずで長続きさせるために気をつけるべきことをご紹介します。

都合の良い関係でいる

セフレは基本的に恋愛感情を伴わないものですので、女性にとっても仮に本命がいても言い訳のきく都合の良い関係です。
お互いに関係を維持するメリットがあれば関係は続けやすいです。

プライベートに立ち入らない

最低限のコミュニケーションとして彼氏の有無や仕事の事などを知っておくのは構いませんが、それ以上は知らなくても良いことです。
あまり積極的にプライベートに立ち入ると、相手が触れて欲しくない部分に触れる可能性もあります。
相手が自分から話して来た場合も、それなりに相談は乗ってもどこかで一線は引いておきましょう。

感情を持たない

セフレとはちょっとドライなくらいの関係が適切と言えます。
何でも言い合える仲という人もいますが、あくまでもそこに恋愛感情を入れてはいけません。
感情が入ってくると喧嘩をすることになったり、今の中途半端な関係に答えを出したくなってしまいます。
初めからセフレには何かを期待しないようにすれば、感情は持たずに済むはずです。

常に変化をつける

セフレはセックスでの繋がりですので、それに飽きられてしまっては終わりが来てしまいます。
いつも同じプレイに終始している人は少し変化をつけていくことを意識してください。
道具を使う、場所を変えるなどでマンネリが起こる前に変化をつけるようにしましょう。
本命相手では出来ないような大胆なプレイにチャレンジしてみるのも、セフレならでは楽しみですので長続きの理由となるでしょう。

お互いに気遣いは必要

セフレ相手に感情を持つことはあまりオススメしませんが、人間同士の付き合いですので気遣いは必要です。
お互いにセックスが楽しいと思える関係であれば自然と長続きさせることはできるでしょう。
秘密の関係だからこそ、相手のことを尊重するようにしましょう。