割り切りからセフレに発展させるためには最初が肝心

見ず知らずの女性に対してセフレになって欲しいと言うことは、失敗する典型例だと知っておく必要があります。
最初からセフレ目的で会うことはほとんど無いと知っておけば、セフレ作りに成功しやすくなるでしょう。

割り切りは女性にとって最低限のマナー

割り切りを希望する女性の心理は、セフレを希望していても変な男性を避ける意味合いがあります。
どうせ貰えるならお金を貰っても損は無いという考えをしているからこそ、初めての男性と会った時にビジュアル面のハードルを下げられるわけです。

セフレ化するためのキッカケを知っておきたい

ホテルデートを行った結果として、すぐにセフレ化出来るとは限りません。
なぜなら、多くの男性はセックス技術を重視していると考えがちですが、女性は相性を重視するというズレがあるからです。

  • 身体の相性が良い
  • 次の誘いを男性側からは曖昧にする
  • 複数回会う間に断りを入れてみる

上記のように身体の相性が良くても、セフレ化するためには多少の揺さぶりが必要になります。

セフレになる女性は一般素人女性のみ

セフレになってくれる女性は、割り切り関係ではなくセックス相手として男性を求めているので、商売とは無縁な関係でなければ成立しません。
知り合うキッカケとして、一般素人女性のみを割り切り相手として狙わなければ、セフレ化は難しいでしょう。

セミプロ化した女性はセフレにならない

セミプロ化した女性は、お金の使い道が先に決まっているので、セックスは商売という意識が働きます。
セフレ関係に近くはなっても、割り切り相手から報酬を得るという点はずっと変わらないので、セフレにはなりにくいわけです。

セフレを狙うならターゲット選定を決めておく

割り切り関係からセフレを狙うなら、ターゲット女性を一般素人女性限定としておく必要があります。
セミプロ化した女性は、男性をあくまでも客としか見ていないので、いつまでもセフレ化することは無いわけです。