セフレと割り切った関係を継続させるために重要な3つのポイントを紹介!(カーセックス不倫 東海)

割り切った関係を続けるためリスク回避には細心の注意を!

セフレとできるだけ良好な関係を続けたいけれど、具体的にどんな付き合いをしていけばいいのか分からない。
割り切った関係に不慣れな男性には意外と多い悩みですが、それほど難しい事はないので実践していきましょう。

3つの『しない』を意識してリスクのない付き合いを!

付き合い始めたときにはお互いに割り切って、セフレとして楽しんでいたのに、いつの間にか関係が変わってしまうのはよくある事です。
男女共に同じ温度で関係が変化するなら問題ありませんが、想いが一方通行になってしまうと非常に危険です。
良好な関係はリスクのない付き合いにも繋がるので、常に適切な距離感を保てるように心がけましょう。

ポイント1:知ろうとしない

男性が割り切った関係を求める場合そのほとんどは、身も蓋もない事を言えばタダで簡単にセックスできる相手が欲しいからです。
しかし女性の場合は10人いれば10通りの理由があり、下手に探りを入れると思いがけない地雷を踏んでしまうおそれがあります。
本当の意味で『割り切った』体だけの関係になるなら、互いに本名や年齢を知らずにいても問題ないのです。

ポイント2:依存しない

割り切った関係を継続したいからと言って、不快に感じる事まで相手に合わせて付き合う必要はありません。
ダメなら改めて他の相手を探せばいいというぐらいに、別の意味で関係を割り切っていく余裕も大事です。
一人の相手に依存する事は同時にリスクを抱える事になるので、セフレなら同時に2~3人と付き合うぐらいでちょうどいいとも言えます。

ポイント3:お金の貸し借りはしない

お金がからむ事で急に面倒な話になってしまうケースは珍しくありません。
実際のところ金銭的な援助が目当てでとりあえず割り切った関係になる女性もいるので、お金を求められても断る勇気を持ちましょう。
しかしホテル代を出したり食事をごちそうするなど、直接的でない形で金銭的な負担する事はOKです。

良好な関係を続けるために最も大切な事は?

  • 知ろうとしない
  • 依存しない
  • お金の貸し借りはしない

この3つのポイントは確実に実践するとして、割り切った関係を続けるには『する』より『しない』が重要になります。
頑張るのがベッドの上だけで十分だからこそ、割り切った関係として成立する事を覚えておきましょう。
リスクなく割り切った関係を長く継続させるためには、関係がいつ終わってもいいと考えられる余裕が鍵を握ります。